読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Yukihy Life

ゆきひーによる日常生活をアウトプットするブログ 映画・TOEIC・教育ネタとだいぶ物理とWeb制作

ブログは有益な情報を載せないとダメなの?率直な疑問

スポンサーリンク

f:id:ftmaccho:20141205003719j:plain

今回はブログについて書いていきたいと思います。ブログは今本当に広まっていて、情報を得るための一つのツールとして活用している人も多いですよね。実際僕もたくさんのブログにお世話になっていて、正直ブログを確認してれば自分の知りたい分野に対して困ることはないぐらいまで言えると思います。

ツイッター・FB・ブログ。こういったツールを使用せずに暮らしている人は間違いなく情報弱者になるのではないでしょうか?

それと正直ブログは無料なんで、雑誌とか本とか買わなくてもいいので、便利ですよね。

 

ただ実際にブログを書こうと思うと、なかなか自分の中でブログのネタにできるようなものを見つけるのって難しいし、絞りだしてネタにしたところで面白さを自己評価するのも嫌になるし、自分がそんな話題性のあるハッピーな行事ばっかりやってるわけでもないし、自分が何か専門的なものに特化してるわけでもないし、そう思うと何だ、ただ単に俺ってスーパーな凡人ってことじゃん!っと

 

ブログとかサイトの情報って、見てるときは「何だ、こんな甘っちょろい内容か」とか思ってても、実際に書くのって本当に難しいですよね。何だか今まで見ていたサイトに拝みたくなるような気分です。

 

ただブログってもともと不特定多数に発信するわけで、たいていが自分に無関係なことですよね。何か世の中には、せっかく提供するのだから、内容のしっかりした情報を提供すべきだ!なんて人もいますが、そんな文章下手殺しやめてくだせーって感じです。

 

ブログなんてそんな気負って始めたら何も書き始めることなんてできないですし、何しろやってて面白くないです。どうせやるのなら楽しく続けたいですし、続けることによってはじめて意味のあることです。続けていないブログって価値は低いです。そんなしばりやめましょう。

 

自分はこのブログを、生活のアウトプットとして使う予定です。何も人によって感じるものは違うので、万人受けするブログとか、有益なブログとかそんなところを気にしている余裕はなさそうです。ただ、後々の自分が後でこれを見返したときに、「この若造こんなこと言ってやがる!アオクサ!」とか、「あの時はこんなに美しいこと言ってたな、感動!」とか、そんなことを思えればいいんじゃないかなと思います。

 

だんだんと続けているうちに内容が変わっていくかもしれないけれど、それでもいいのかなと。要は続けることですからね。

 

といっても気になったので、ブロガーが情報発信をする理由について調べてみました。


ブログに関する調査 なぜブログを作るのか? 〜ブロガー500人に聞いた情報発信の「理由」〜|ネットリサーチ(モバイルリサーチ)ならネットエイジア

 

やっぱりブログをやっている人って、情報発信をメインにしているんですね。特に男性。

確かに自分の情報でいろんな人が活用してくれたらうれしいですね。フムフム。その気持ちも分かります。

 

ただしばらくは自由にやります。いずれ情報を提供できる側に回れたらいいですね。