読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Yukihy Life

ゆきひーによる日常生活をアウトプットするブログ 映画・TOEIC・教育ネタとだいぶ物理とWeb制作

ディズニーアニメ映画からおすすめランキング10を選ぶ

映画 映画まとめ
スポンサーリンク

よかったらこちらもどうぞ

 

 

ディズニーアニメ映画をランキングにしてみました。ただ単にランキングにしても面白くないため、このランキングは

①僕の好きな作品

②名作と言えるクオリティー

③何かしらの強い教訓

という3つの観点で選びました。

ちなみに順位の後にそれぞれ書いてある数字はその映画の教訓度を表していて、以前記事にしたこちら

最近のディズニーアニメ映画の分析とジブリと比較しての批判【&ベイマックス感想】

を書いたときに作ったものです。長いですが良かったら読んでみて下さい。

 注:ネタバレあり!

 

ディズニー映画!

10位 シンデレラ 51

シンデレラ [DVD]

シンデレラ [DVD]

 

 この映画がディズニーのイメージを形成することになったとも言える。東京ディズニーランドのシンデレラ城や、ガラスの靴、シンデレラのドレスなど、ビジュアルが飛びぬけて象徴的でデザイン性に富んだものと言える。ディズニーの他の作品でここまで日本でのビジュアルでの評価が高いものは稀ではないだろうか。

また、日本においては最もポピュラーになったプリンセス像になったと言える。

 

9位 ライオン・キング 75

ライオン・キング スペシャル・エディション (期間限定) [DVD]

ライオン・キング スペシャル・エディション (期間限定) [DVD]

 

 この映画では子供向けにも関わらず「死」というものをテーマにもしている。産まれてからライオンの王になるという宿命を持ち、大自然の中で“守られるべき存在”から次第に何かを“守るべき存在”に成長していくシンバの物語。自然の摂理の中で両親の死や、強くないと生き残れないという過酷な現実を知り、「生」と「死」のサイクルという重いものをテーマにしている。

この作品は日本の手塚治虫のアニメーション「ジャングル大帝」の盗作疑惑があり、実際にキャラクターや映像などそっくりなところが多いが、盗作であろうとこの作品は良い作品であるのでランキングに加えた。

 

8位 ターザン 32

ターザン スペシャル・エディション [DVD]

ターザン スペシャル・エディション [DVD]

 

 ゴリラに育てられたという「ターザン」と純粋な人間である「ジェーン」が、次第に理解し合っていく。生物学的には同じ人間でありながら、育った環境や生活で全く違った人種になっている。限りなくゴリラに近い人間と人間。それぞれの感じるカルチャーショックは、子ども心に強く印象づいたものだった。

動物愛護的な視点からも見ることができるが、最も残るのは「育つ環境」や「親の影響」といったところだろう。ここまで極端ではないものの、社会問題の微々たるところには大きく影響しているものだと思う。

 

7位 美女と野獣 61

美女と野獣 ダイヤモンド・コレクション MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]
 

 見た目は美しいが心が醜い王子が、魔女であるお婆さんの頼みを無礼に断ったことから醜い野獣の姿に変えられてしまう。それまでの豊かな生活から一変し苦しみに耐えながらも、ベルの優しさに触れ王子は少しずつ、少しずつ心を成長させていく。

見た目と心の「美しさ」「醜さ」とは何なのか?極端ではあり非常に怖いが、強いメッセージ性が感じられる作品。

 

6位 トイ・ストーリー 71

トイ・ストーリー MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]

トイ・ストーリー MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]

 

 カウボーイ人形のウッディはアンディという少年の大のお気に入りのおもちゃ。しかし実はウッディと他のおもちゃたちは、アンディの知らないところで生きているのだ。大切に遊ばれ幸せなウッディだったが、アンディの誕生日にやってくる新入りのおもちゃに、自分の地位が脅かされるのを心配していた。新しくやってきたおもちゃは最新の宇宙ヒーロー「バズ・ライトイヤー」だ。案の定、アンディはバズに夢中になり…。

おもちゃが主人公ということで、「もの」に対する見方を変えることができる作品。日本の「もったいない」精神に通ずるものがある。娯楽性の高い作品だが、投げかけている問いかけは重たいものである。

 

5位 ピーターパン 71

ピーター・パン [DVD]

ピーター・パン [DVD]

 

 ロンドンに住むウェンディ、ジョン、マイケルは、ある晩、窓辺にやってきたピーターパンに連れられて「ネバーランド」へ飛んでいく。そこは親のいない迷子の子どもたち、海賊のフック船長やインディアンのタイガーリリー、人魚などがいる不思議な世界だった。

この作品は「子ども」がテーマだ。ご存知の通りピーターパンは大人にならない。物語を見ている途中では深くは考えないかもしれないが、それはとても深いテーマであると言える。子供のときしか行くことができないというネバーランドの存在は、とても神秘的で不思議である。

 

4位 ポカホンタス 77

ポカホンタス [DVD]

ポカホンタス [DVD]

  • アーティスト: アラン・メンケン,スティーヴン・シュワルツ
  • 出版社/メーカー: ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント
  • 発売日: 2004/07/09
  • メディア: DVD
  • 購入: 2人 クリック: 19回
  • この商品を含むブログ (25件) を見る
 

 17世紀初頭のアメリカ大陸に住むポカホンタスは、インディアンの総長の娘。好奇心旺盛な彼女は、ある日見たこともない大きな船がやってくるのを見つける。船に乗っていたのは、彼女たちの土地で金を探し、植民地化しようとやってきたイギリス人たちだった。その人の中には仲間から英雄と言われるジョン・スミスもいた。後をつけていたポカホンタスに、彼は銃を向けるが…。

アミニズムをテーマにするというディズニーしては珍しい作品。未開な土地にやってきた先進国の男性と現地の女性がお互いを理解しあいながら絆を深めるという観点で、映画「アバター」に似た構成。豊かさとは何なのか、考えさせてくれる。歌もキレイでかっこいい。

 

3位 ウォーリー 71

ウォーリー [DVD]

ウォーリー [DVD]

 

 この作品では、29世紀の汚染された地球を舞台にしている。地球には人類が住んでおらず、ごみ処理ロボットだけが働いていた。人類たちは快適な宇宙船の中で体の機能を低下させ、ロボットに依存しながら生活している。地球がもう一度住める環境になるまで、人類たちは宇宙船の中で快適な生活を送っている。宇宙船から植物を探すために送られてきたロボットのイブと、ごみ処理ロボットのウォーリーが出会い、人間たちも巻き込んでストーリーは進んでいく。

未来を悲観的にとらえているということでディズニーとしては斬新。人類の大量消費・大量廃棄の問題に警鐘を鳴らしている。

 

2位 ノートルダムの鐘 88

ノートルダムの鐘 [DVD]

ノートルダムの鐘 [DVD]

  • アーティスト: アラン・メンケン
  • 出版社/メーカー: ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント
  • 発売日: 2004/09/03
  • メディア: DVD
  • 購入: 5人 クリック: 26回
  • この商品を含むブログ (23件) を見る
 

 舞台はパリ。ジプシー狩りをしていたフロロー判事は、女性ジプシーの抱える子(カジモド)を井戸に投げ捨てようとした。しかし司祭に止められ、フロロ―はカジモドを育てることになる。ハンディキャップを背負い醜い姿に産まれたカジモドだが、10年後には心優しい青年に成長していた。ノートルダム大聖堂の中で毎日密かに鐘を鳴らし続けるカジモドは世間知らず。友達も石像しかいずに恋愛も当然したことがなかった。しかしたまたま道中にいた踊り子のエスメラルダに会い、一目ぼれをして…。

今までタブーだった身体的障害をテーマにしている。あからさまに弱者の目線から描いた作品であり、見た目以外にも醜さや悲しさを感じる。見ている最中に胸くそ悪くなる描写が多くあり、現在のディズニーでは到底生むことのできない作品。好き嫌いはっきり分かれると思うが、価値のある名作だと思う。

 

1位 アラジン 63

アラジン スペシャル・エディション [DVD]

アラジン スペシャル・エディション [DVD]

 

 「ダイヤの原石」と言われるほどの清い心を持ったアラジンが主人公。悪の魔法使いジャファーの陰謀で魔法のランプを取りに行かされる。魔法のランプを手に入れたアラジンは、3つの願いを叶えてくれるというランプの魔人ジーニーと出会う。で窮屈な生活を送っているというジーニーに対し、アラジンは3つ目の願いでジーニーを自由にすると約束。彼は一つ目の願いで王子になり、宮殿に住む美しいジャスミン王女に求婚しに行く。しかし、ジャファーの陰謀に引っかかり、二つ目の願いで命を救われしまう。残る一つの願いでジーニーを助けることはできないと悩むアラジンだった。そんな矢先、魔法のランプがジャファーに盗まれてしまう。ランプの力で強大な魔力を持つ魔法使いに変身したジャファーに対し、知恵と勇気で勝利する。そして全てを告白しせを手に入れていく。

白人以外のお姫様が出てきた最初の作品であり、アラビアンテイストな作風が独特だ。娯楽映画として最高傑作であると同時に、教訓的な内容もうまく話の中に取り込んでいる。心の清い者は最終的に幸せを手にすることができるのだ。幻想的で引き込まれる演出が素晴らしく、いろいろな要素がうまくまとまっている作品。

 

あとがき

ディズニーはほぼ見たのですが、選んでみると必然的に有名どころになったように感じます。ただやっぱり懐古厨なところもあって、最近のディズニー映画はあまり入っていないです。ランキングを書いてみると、映画を見終わった後に何かしら印象が残るものと言うのは良い作品だなあと感じます。「コルドロン」とかは怖くて印象深いのですが、それだけな感じがしたのでやめました。皆さんがもしランキングを作るとしたらどういったものになるのか興味があります。

長文読んでいただいてありがとうございました!

映画記事

リアルタイムで見ている映画