読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Yukihy Life

ゆきひーによる日常生活をアウトプットするブログ 映画・TOEIC・教育ネタとだいぶ物理とWeb制作

今敏のPERFECT BLUE・パプリカは見ないと損なアニメ映画です

映画
スポンサーリンク

皆さん今敏(こんさとし)というアニメ監督を知ってます?

最近またHulu熱が蘇ってきて、いろいろと映画をみているのですが、今敏の映画にどっぷりとハマってしまいました。

 

生きていれば宮崎駿並みと言われていた今敏

今敏さんは、残念ながら46歳という若さで亡くなっていますが、海外からの映画監督からも絶賛され、生きていれば宮崎駿さん並みのアニメ監督だったと言われています。

 

制作されたアニメ映画としてはわずか4作品で、

  • PERFECT BLUE(1997)
  • 千年女優(2001)
  • 東京ゴッドファーザーズ(2003)
  • パプリカ(2006)

です。どれもハイクオリティで見る価値のある作品ですが、「今敏さんらしさ」を味わうには「PERFECT BLUE」か「パプリカ」を見ると良いのではないかと思います。

 

で、先に言っておくと、この今敏さんの映画は非常に複雑で混乱しながら見ると楽しめます。

なので下にあらすじを書いていますが、本当に見たい方は以下の文書は見ないことをおすすめしますw。前提知識なしで見て欲しい!

 

アイドルになりたかった少女の精神崩壊「PERFECT BLUE」

パーフェクトブルー 【通常版】 [DVD]

パーフェクトブルー 【通常版】 [DVD]

 

ブラックスワンという映画がありますが、あの映画はこれが元になっているんじゃないかとも言われています(実際は知りません)。

それぐらいブラックスワンと類似しているところがあり、ブラックスワンが好きならば100%楽しめます。

 

簡単なあらすじ

ブラックスワンでは、清純なニナが妖艶な黒鳥を演じていく過程で自分を崩壊させていくというものです。

それに対しパーフェクトブルーでは「アイドル時代の清純な未麻」が女優に転身し、周りの人間のためレイプシーンやヘアヌードの撮影などを行っていきます。

未麻は自分が願っていた理想と現実が乖離して、いったい何が本当の自分かわからなくなり、精神崩壊をしていくというものです。

日本にしか作れないなあという作品になっています。

 

で、この精神崩壊の描写が本当にこの監督らしいのではないかと思います。レイプシーンも男優のミスでわざわぜtake2をやるなど、見ていても本当にエグい…。

またただの精神崩壊では終わらず、最後にはどんでん返しも…。

これを言ってしまうとネタバレになって面白さが半減するため言えないのですが、このネタバレをするための伏線の張り方が他の映画監督には絶対に見られないようなものになっています。

 

見ていても思わず「うお!」っと飛び上がっちゃいますよ!

 

ドリームテロから人々を守る「パプリカ」 

パプリカ [Blu-ray]

パプリカ [Blu-ray]

 

 こちらはマトリックスやインセプションに近いかもしれません。

話は近いですが、映画としての方向性や質は全く違うので、どちらが面白いかは一概には言えないです。個人的にはこっちの方が好きです。

 

簡単なあらすじ

ある研究所で開発された夢を共有する装置「DCミニ」が盗まれてしまいます。そしてそれによって、研究に携わった人が夢を通してどんどん脳内を侵略されてしまいます。

研究員である千葉敦子(声:林原めぐみ)は夢の中での裏の顔「パプリカ」を持っており、侵略された夢を取り返すために戦う!

 

という話です。

これはもう、話の内容(原作は違う人らしい)と、今敏の得意描写が100%マッチしています。テンポの良いリズム、いったいどれが夢なんだ?アニメだからできる映像技法です。

後半ちょっと無理やり感あるけれど、こんなに詰め込んどいて90分ほどにおさめるというのは最高!

千葉敦子とパプリカで性格が変わるのも萌え。

 

今敏映画の魅力

魅力はいろいろとありますが、やはり一番は話の複雑さ。あらゆるところにヒントがあり、冗談ではなく目を離したりすると内容がわからなくなります。

また、複数回みることを強くお勧めします。むしろ二回目からが本番。

 

映像面でも非常に特徴的です。見ていても、とにかく「静」と「動」の変化が激しい。他の記事で「時空を自在に操る」との表現があったのですが、まさにその通りだと思いました。

空間的に今まで止まっていた部分がいきなり動きだしたり、その逆で今まで動いた部分が急に止まる。

今度は時間的な軸で動きが乱れたりして、だんだんと頭の中がごちゃごちゃに…。なのに最後に近づくにつれ、話がスーっと真ん中に収束していく。そんな感覚を覚えるんです。

この時空を自在に操ることで人間の複雑な感情を表現し、かつ話を進めていくわけです。表現される感情はエグいことエグいこと。

 

素人が見てもなんか不信感というか、違和感を感じる映画が多いです。実際他の方の感想を見ていると、難易度の高い技術を駆使して表現しているそう。

 

また、今敏さんの映画をみるときは、オープニングもスキップしてはダメですよ!すごく作り込まれているので注目です。パプリカのオープニングを貼っておきますのでこれだけでも見て欲しいです。

どうでしょう?話の内容も、オープニングまででないにしろ良いテンポと画像を切り取るような方法が多様されて話が進んでいくんです。

 

追記:今敏さんの技法が解説されている動画がありました。

ただ英語なので、下のリンクから精度の良い日本語バージョンが見れます。

ものすごく面白いのでさらに知りたい人はぜひ!どちらかと言うと作品をある程度見た人の方が楽しめると思います。

 

まとめ 絶対見て欲しいアニメ

結論を言うと、「PERFECT BLUE」と「パプリカ」は絶対見てほしいです。内容はかなり賛否両論あると思いますが、いずれにしても不思議な感情になります。

今敏さんが若くして亡くなられたのは、国としてかなりの損失のように思います(変な言い方ですみません)。長生きしていれば、もっと作品が見れたと思いますし。

 

ちなみに「千年女優」と「東京ゴッドファーザーズ」も、決して面白くない訳ではありません。上の二つと比べるとライトな話ですので好きな方は必ずいると思います。僕の趣向として上の二つが良いかなと思いまして。

 

映画は基本的にHuluで観ているのですが、Huluで観ることができるのは「パプリカ」と「東京ゴッドファーザーズ」です。

なのでパプリカを見まくっております。「PERFECT BLUE」も早くHuluにこい!

 

千年女優 [DVD]

千年女優 [DVD]

 
東京ゴッドファーザーズ [DVD]

東京ゴッドファーザーズ [DVD]