読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Yukihy Life

ゆきひーによる日常生活をアウトプットするブログ 映画・TOEIC・教育ネタとだいぶ物理とWeb制作

全然ブログを更新していなかったらアクセスが落ちた件 簡単なアクセス解析から対応までの流れを書いてみた

スポンサーリンク

お久しぶりです。ゆきひーです。

最近はあまりブログも更新できていなかったのですが、今年もゆっくりまったり、更新していきたいと思いますのでよろしくお願いしますm( )m。

新年はじめての記事は、ブログのアクセスが落ちたというブロガーさん向けの記事になります。

アクセスが落ちたときの原因確認

このブログは、昨年は32記事しか更新していないという状態でした。なので一ヶ月平均3記事も書けていません笑。

アクセスのほとんどが検索ですし、特に更新を楽しみにされているわけでは無いとは分かっていても、ちょっと怠けすぎたなと思っています^^;。

まずはどの部分のアクセスが落ちたのかを確認して見ます。

まずはGoogleアナリティクスを確認

とりあえずGoogleアナリティクスで、サマリーレポートを確認します。

f:id:ftmaccho:20170116211350j:plain

いやー!!なんか知らないけど半分くらいまで落ちてるうううう!!!!

一昨年も、年末はアクセスが減少する傾向にあったので、そのせいかな?と思っていたのですが、年明けてだいぶたつのに全然アクセスが戻ってこない・・・。

ということで、この当たり(12/21)で何かGoogleアルゴリズム変更があったのかもしれません。

ただここまでだと、

  • 全体的にアクセスが落ちているのか(ドメインのペナルティーなど)
  • 部分的にある記事の順位が下がったのか?
  • 季節的な要因で、あるジャンルの記事が読まれなくなっているのか?

など、何が原因でアクセスが下がったのかがよく分かりません・・・。

ここからはどの部分のアクセスが落ちたのかを見ていきたいと思います!

アクセスが落ちた部分を見てみる

アクセスが落ちた部分を見るには、期間でアクセスが落ちる前と後で、比較をします。 f:id:ftmaccho:20170116211357j:plain

そして、「行動」→「サマリー」→右下の「レポート全体を見る」で、それぞれの期間のアクセスを見ることができます。

f:id:ftmaccho:20170116211353j:plain

ただ、注目するのは、アクセスの割合です。その記事が全記事の中で、何割のPV数があるのかが小さく確認できます。

f:id:ftmaccho:20170116211401j:plain

ここの数字が上がっているところは問題ないのですが、下がっている部分に着目します。

(記事数が多い人は、レポート自体をダウンロードできますので、その後エクセルで処理していただければと思います。その場合は、各記事の下にある「変化率」の値の平均をとって、それと比べて高いか低いかで見ると良いと思います)

まとめ

今回上記の部分を調べたところ、ブログ全体でアクセスが下がっている訳ではなく、あるカテゴリの記事だけアクセス数が大きく下がっていることが分かりました。

実際、検索画面を見て見ると、掲載順位が大きく落ちていました。今後はこの記事をリライトするなり、同じカテゴリの記事を追加するなりを行なっていく、といった形です!